GPSの緯度経度って何だろうと悩んでいる方の情報

ポイントGPSの緯度経度とは

GPSの緯度経度とは
GPSの位置情報で使われる緯度経度とは、地球上のある地点を指し示す情報です。
GPSの緯度というのは、ある地点の赤道面との角度のことです。赤道上を0度として、北極点、南極点でそれぞれ北緯90度、南緯0度となります。緯度は英語で、latitudeで省略されるときはlatとなります。緯度は、性軌道に平行な地球上の東西の線のことを緯線と言います。
GPSの経度というのは、ある地点のグリニッジ子午線からの角度のことです。子午線上を0度として、グリニッジから東を東経、西を西経と呼びます。経度は英語で、longitudeで省略されるときはlonやlngとなります。経度は、赤道に直交する地球上の南北の線のことを経線と言います。

ポイントGPSの緯度経度のサービスって何

GPSの緯度経度高度を利用すると「○○ビルの○階にある○○という会社にいる」といったような情報が簡単に取得できるようになるのですが、GPSの緯度高度のほかに「高度」の概念を入れると、位置情報を用いたサービスもよりおもしろい機能を提供できますが、まだ利用されているサービスがあまりないのが現状です。
GPSの緯度経度の表記とはなんでしょう
GPSの緯度経度とはどういうものかというとチェックイン系のサービスの中で問題になってくるのが、大きくて広域な場所(スポット)の情報をどのように表現するかということです。 GPSの緯度経度で表現されるのは「点」の情報ですが、駅、城、遊園地、湖といったスポットの情報は、実際は「面」で表現されるべきものです。
特に琵琶湖などの湖のような大きなスポットになると、GPSの緯度経度で琵琶湖の中心点を琵琶湖の場所として指定してしまうと、琵琶湖沿岸から近くのスポットを探したときに、すぐ目の前に湖があるのに、自分がいる場所からかなり遠くに存在するスポットとして表示されてしまいます。
GPSの緯度経度による位置情報がスポット情報を面として取り扱ったり、同一のスポットとして複数の位置を登録できるような仕組みがあると良いかもしれませんが、ユーザーにスポットを面や複数の位置の集合体として登録してもらうのが困難、面として登録されたスポット情報を取扱うのが点として取り扱うよりも技術的に難しいなど、この問題に価しての最良な解決策がまだ見つかっていません。

ポイントGPSの緯度経度がよくわからない方

GPSの緯度経度にてやはりよくわからない方
GPSの緯度経度はやはり専門的にわかりにくいものです。GPSを使うことに対してどうしてもあなた自身でそういった緯度や経度について悩まれたというのでしたら、わかりやすくご説明しているGPSレンタルサイトにてあなたにあったGPS発信機を探してみてはどうでしょうか。きっと、あなたの悩みの解決になるかと思いますのでお試し下さい。詳しい商品はトップページに載っていますので見てみて下さい。