GPS受信機でセンチ単位という誤差を実現した製品の情報

ポイントGPS受信機でセンチ単位という誤差を実現した製品とは

GPS受信機でセンチ単位という誤差を実現した製品とは
GPS受信機でセンチ単位というGPS測位の誤差を実現した精密なモバイルをサムスンが製品化しました。これは、米テキサス大学オースティン校の研究者グループが開発したもので、精密なGPS受信機の測位を可能にするレシーバ「GRID」というものです。
GPS受信機の精度は一般的にせいぜい数メートルで、地図に現在地を表示しても、通りのどちら側にいるのかわからなかったり、WiFiアクセスポイントなど他の手段を用いてようやく「だいたいこのあたり」まで絞り込めるのが現状です。
GPS受信機GRIDは、一般的なモバイル機器と同等の安価なアンテナを使いつつ、ソフトウェアの改良で測位精度を従来の約100倍にあたるセンチメートル単位に向上させたGPS受信機です。
GPS受信機の精度が一般にメートル単位なのは、GPS受信機システムの原理的な限界ではなくアンテナ側やソフトウェアの規制によるもので、業務用や研究用途にはもっと大型で高価なアンテナを使った高精度なGPS受信機がすでに存在しています。

ポイントGPS受信機GRIDは一般人には必要なのか

GPS受信機GRIDは一般人には必要なのか
GPS受信機GRIDは高い建物の間など従来のGPS受信機で精度が落ちる場面でのエラー訂正も向上しているものの、原理的にはGPS受信機そのものであるため、屋内や地下などGPS衛星からの電波が全く届かない場所ではやはり使えません。
GPS受信機GRIDのアクセサリ商品化時期や価格などの発売予定は今のところわかっていませんが、かなり高額なものになることは間違いないでしょう。GPS受信機の性能がそこまで必要かと言うと、今のところ必要ないと言えます。
GPS受信機の現状、精度はGRIDに比べて劣るものの、バッテリー、追跡機能、使い勝手などの点を考慮すると、GRIDよりも高性能と言えるGPS受信機がレンタルできてしまうからです。

ポイントGPS受信機の現状は高性能なものなのかと疑問に思っている方

GPS受信機の現状は高性能なものなのかと疑問に思っている方
GPS受信機の現状はかなり高性能と言えます。浮気調査などで探偵が使用しているGPS受信機は、ネットで一般人が購入できる代物ではなく、それ用に研究開発がされているものなので、あらゆる点で一般人が購入できるGPS受信機を上回ります。
GPS受信機の高性能なものを入手しようとすると、最低でも十数万円かかってしまいます。世に出ているGPS受信機の製品の中で安価(一ヶ月のレンタルでも3万円程度)で一番性能が良いと言われているのがレンタルできるGPS受信機でしょう。
GPS受信機で浮気調査や子供・お年寄りの見守りを行いたいという方は、レンタルのGPS受信機を入手するのが、かしこい選択と言えるでしょう。その中でも私が一番おすすめするレンタルのGPSは、ムセンショップ仙台が取り扱っているJIS-4000という機種です。浮気調査に関しては、他のレンタルGPSと比べても群を抜いていますので、是非試していただきたい。
GPS追跡器には色々なものがありますので、トップページに戻ってあなたにあった追跡器を探してみましょう。