GPSで徘徊対策をしてみたいと思っている方への情報

ポイントGPSで徘徊対策とはどういうことなのか

GPSの徘徊対策として色々な製品が数多く存在します。実際にどんなGPSを使えばいいのかお悩みの方も多いことでしょう。ここでは二つのGPS製品を例に徘徊の対策をアドバイスしていきます。GPSの徘徊対策としてよく耳にする「ココセコム」皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。
GPSで徘徊対策とはどういうことなのか
ココセコムのGPS製品は、携帯電話くらいの大きさで、ボタン一つでセコムの会社に緊急の連絡がいき、GPSの位置情報から緊急対処員が現場に急行してくれるサービスが強みです。ただ、いつもそのGPS端末を徘徊する本人に持たせないといけないですし、徘徊をする高齢者が緊急の時にそのボタンを押せるかどうかが疑問です。
GPSの徘徊対策としてもう一つ「チェリーBPM」から販売されている「GPシューズ」というのがあります。これはシューズのかかと部分に小型のGPS追跡器を挿入できる製品で、徘徊するときは必ず靴を履いていかなくてはいけないことから、徘徊癖のある方にとっては都合の良い製品になっています。

ポイントGPSで徘徊対策する際の気になる料金

GPSで徘徊対策する際の気になる料金
GPSで徘徊対策する際の気になる料金ですが、ココセコムの加入料金は4,500円で、月額900円+GPS検索回数に応じた料金(1日2回の検索で月額2,900円)ですので、一年半利用すると約72,900円になります。一方、GPシューズはシューズ料金が40,900円で初期手数料が3,000円。月額料金が1,600円ですので、一年半利用すると72,700円になります。どちらの製品をGPSで徘徊対策するかはその方の症状などにもよりますが、一年半以上利用するのであれば、月額料金の違いからGPシューズのほうがある意味安価と言えるでしょう。
GPSで徘徊対策するのはお金がかかるものです。しかし、もし徘徊などが原因で電車にはねられてしまうと、電車が遅延したり壊れてしまった場合は、何億円という損害賠償を請求される可能性もあります。それに比べたらGPSで徘徊対策する料金なんて安いものだと思うほうが賢明かもしれません。

ポイントGPSで徘徊癖のある方の事故防止したいとお考えの方

GPSで徘徊癖のある方の事故防止したいとお考えの方
GPSで徘徊癖のある方の事故防止をすることは今では当たり前になっています。いま日本人の4人に1人が65歳以上となっており、これからますます高齢者が増えていくそうです。もちろん徘徊する方や徘徊したことで家族や他人に迷惑をかけたり死亡してしまったりする事故が増えてくることでしょう。事故が起こってからでは遅いので、ココセコムやGPシューズなどを利用してGPSで徘徊対策してみたり、家族で安全について話し合ったりしてみてはいかがでしょうか。GPSをレンタルして確認してみたいという方はトップページに掲載されていますので是非、参考にしていただけたらなと思います。