GPSを猫に取り付けて迷子や事故を回避したい方への情報

ポイントGPSを猫に取り付けて迷子や事故を回避したい

GPSを猫に取り付けて迷子や事故を回避したい
GPSを猫に取り付けて迷子や事故を回避したい方は世界に数多くいますし、実際にGPSを猫に取り付けている方も数多くいます。ペット大国アメリカのペット用品業界は585億ドル(日本円で7兆円以上)の規模で、その数は犬や猫だけでも1億7000万匹いると言われており、迷子や事故などが絶えません。
GPSによる猫追跡システムの商品は既に色々あり、新規参入の余地がないほど出回っています。その中でもPawtrackという商品は、GPS首輪(猫専用)を作ることで他社との差別化を図り、世界でもっとも売れているGPSとして世に知られています。
GPSのアンテナが猫の首の後ろにあるPawtrackの首輪の特徴は、感度が良いのと飼い主が調べる回数を指定できるという特長があります。例えば10分おきに二日間とか、あるいは飼い主が旅行に出かけるときなどは、もっと長期に設定することが可能です。
GPSに加えて更にWiFiの機能もあり、猫が家にいることを感知したらスリープして電池を節約する機能もあり、「迷子モード」にすると、GPS首輪を付けた猫が見つかったら自動的に飼い主にお知らせする機能まであります。しかし残念ながら日本では販売されていません。

ポイントGPSで猫を探す概念はもう古い

GPSで猫を探す概念はもう古い
GPSによる猫追跡商品Pawtrackをご紹介しましたが、外国製でしかも日本では販売されていないので入手したり使いこなすのが正直困難です。ペット大国アメリカと昔は謳われていましたが、現在のペット大国はズバリ日本です。GPSで猫をただ追跡するという概念よりも、猫ともっと親密な関係になるという概念を持った日本の製品が今世界では注目されています。その中の製品で有名なのが「Anicall」というものです。
GPS機能はありませんが、猫の首輪に小さな発信機を装着して専用の動物SNSでペットが迷子になった際に探しやすくなるというものです。 GPSではなくあくまで発信機ですので、猫の居場所を地図画面に表示することは出来ません。通信方式としてはGPSではなくBluetoothですので、見通し半径40メートルくらいが最大かと思われます。ではどうやって猫を探すのでしょうか?GPS機能がない代わりにBluetoothとスマホを介して動物SNSを利用して猫を探します。猫が迷子になってしまった場合「迷子通知」モードといものでSNSを利用して家族や友達あるいは他人が猫を探してくれます。

ポイントGPSを猫に付けても嫌がらないモノを探してる方

GPSを猫に付けても猫は嫌がらないモノを探してる方
GPSを猫に付けても猫は嫌がりません。Anicallの場合GPSではありませんが、Bluetoothで猫をみんなで探せる機能の他に、心拍数や体温などをチェックすることで猫の健康状態を可視化できる機能もあります。例えば、真夏の散歩中に猫の心拍・体温が急速に上昇した場合「熱中症警告」として飼い主のスマホに表示されるので猫にとっては健康状態を維持できるわけですから、そういった意味でGPSを猫に付けても嫌がらないと言えます。
また、散歩中の公園などで周囲にいるひとたちにスマホを介して自分の犬や猫の自己紹介をすることができたりもするので、Anicallの人口を増やしていき猫の迷子対策に皆様も役立てていってほしいです。GPSをレンタルしたいと思った方がいましたらトップページの方に掲載していますのでそちらをご覧ください。